ピアノを弾くと頭が良くなるって本当?絶対音感教育を取り入れている春日部の個人ピアノ教室です。

春日部の個人ピアノ教室、習い事なら「サキ・ミュージックスクール」

八木崎教室 粕壁東教室

コードのしくみ

      2014/01/29

初心者の方は、ポピュラーソングをコード譜を見て弾こと思っても、まず「コードを覚えるのが大変!」

と思われるのではないでしょうか?

確かにいきなりコード一覧表などを見て、自力で曲に当てはめようとすると、すごく大変そうに思えますね…

しかしコードは和音の響きを記号で表しているものですから、それぞれのコードの持つイメージやキャラクターを捉えると、

とても面白くなりますよ。また初心者の方も、丸暗記するよりも理論で考えることが出来た方が、結果上達が早いと思うの

で、理論的に考えることをオススメします。

 

今日は基本的なコードの仕組みについてお話したいと思います。

 

まずコードを弾くにあたり覚えなくてはならないのは、音名です。

コードでの音名は英語を使います。

皆さんが良くご存知のドレミファソラシドは、実はイタリア語なのです。

また、ハ長調や、イ短調などに使うハニホヘトイロハは、日本語なのです。

そして英語では C D E F G A B C となります。

シャープやフラットは、右に書きます。  ( 例 C#  B♭)

 

さて、音名が分かったところで、実際にコードについての説明に入りましょう。

コードの一番左側に書いてある、音名がありますね。これはルート(根音)を表します。

C7 だったら、ルートC(ド)ということになります。  

ルートとは、日本語で根音と言い、文字どうり根っこになる音です。様々な種類のコードがありますが、すべてこのルートと

の距離によって種類が変わると考えて下さい。

 

さて、そのコードの種類ですが、基本的には次の10種類を覚えられると大体の曲は対応出来ます。

 

メジャー・コード(C)

マイナー・コード(Cm)

メジャーセブンス・コード(CM7)

セブンス・コード(C7)

マイナーセブンス・コード(Cm7)

マイナーメジャー・セブンス(CmM7)

ディミニッシュ・コード(Cdim)

オーギュメント・コード(Caug)

サスフォー・コード(Csus4)

マイナーセブンス・フラットファイブ・コード(Cm7♭5)

※括弧内の代表例はすべてルートがC音になっています。

 

まずは基本のCから実際に弾いて、響きを聴いてみてください。

押さえる音は、C E G (ド ミ ソ)です。

 

……どんな響きだと感じますか?

 

次にCmを弾いてみましょう。

押さえる音は、C E♭ G (ド ミ♭ ソ)です。

 

……..今度はどんな響きだと感じましたか?

 

おそらく C の方では、明るいとか、元気なかんじ!など、ポジティブな感想をお持ちになったのではないでしょうか?そ

れが C というコードが持つ、キャラクターです。一方 Cm は、暗いとか、悲しいなどネガティブな感想をお持ちになっ

たのではないでしょうか?

今、自分自身で弾いてみて感じた気持ちが最初は大切です。その調子で全てのコードを弾いてみましょう。それぞれのコード

に違ったイメージを持てるはずです。

 

ではコードのイメージが掴めたところで、今度は理論的にコードを分析してみましょう。

先程も少し触れた様に、コードの種類はルートからの距離で決まります。

メジャーコード(コードC)では、ルートの C に対して、長三度上の E 、お次は E から短三度上の、 G というこ

とになります。

「え、その長三度とか短三度って何!?」ということになりますね。

これは音楽理論的に話し始めると長くなるので、

長三度はド① ド#② レ③ レ#④ ミ⑤と数えて行って、5番目の音という認識をして下さい。

短三度はミ① ファ② ファ#③ ソ④と数えて行って、4番目の音ということになります。

 

同じようにマイナーコード(Cm)で考えてみると、ルートCに対して短三度上の E♭ 、 E♭に対して、長三度上の、G

ということになります。先程と同じように短三度と、長三度も数えてみてください。

……ちょうど当てはまりましたね?

 

この長三度、と短三度…などが、コードをつくる音と音の距離をはかる道具になる訳です。

 

他のコードの種類や、別のルートでも同じように考えられますよ!!

 

コード奏法コースはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - ピアノが上手になる練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ピアノの発表会に適した服装やドレス 選ぶ際に気を付けること!

近年では小さいお子さんから、大人の方まで幅広い年代の方々がピアノ教室に通われてい …

no image
大切な先生からの言葉

 皆さん!こんにちは♪粕壁東教室責任者の佐藤です♪ 昨日は大学の先生とお会いし、 …

no image
バンドでキーボードを担当しています。

今日レッスンにいらっしゃったOさん、Oさんはバンドでキーボードを担当しており、更 …

ピアノを弾く時はなぜ爪を切らないといけないの?

ピアノの先生に「爪伸びてるじゃない!」「爪は短く切りましょうね。」と言われた経験 …

no image
頑張っているおとなの生徒さん

皆さん、こんにちは♪粕壁東教室責任者の佐藤です。 最近、私が担当している大人の生 …

no image
効果的な練習は長時間or短時間??

子供達は、練習をすすんでやる子よりも、どちらかと言うとなかなかやらない子の方が多 …

no image
はじめまして

はじめまして! コード奏法コースを担当します、砂川です。 こちらでは、コード奏法 …

no image
ポピュラーレッスン

毎週木曜日、粕壁東教室のレッスンにいらっしゃっているKさん。 Kさんは、サキミュ …

no image
生徒さんの目標

 今日は、朝から大人の生徒さん3人のレッスンが連続して入っていました♪ どの生徒 …

バッハを弾く時の練習の仕方

ある程度楽譜が読めるようになり、指も動くようになると、生徒たちはバッハの作品を勉 …