先生の役目の大切さ

 皆さん!こんにちは♪粕壁東教室責任者の佐藤です♪

 今日は、先生と役目についての大切さについて皆さんにお伝えできればと思っています。

 先生というのは、学校の先生、塾の先生、体操の先生、書道の先生等たくさんの先生がいらっしゃると思います。

私も生徒たちにピアノを教えるピアノの先生をしている、先生の一人です。

 生徒さんに何かを教える!レッスン・授業する中で、全員の生徒に合うレッスンというのはありません。

例えば、生徒が50人いれば50通りのレッスンがあります。

生徒に合わせた説明をしたり、含まれている意味を生徒さんたちに理解させることが先生の大切な役目だと思います。

 一人ひとりの生徒さんの特徴を理解してレッスンや勉強を教える!これは、どの教育現場で教えていらっしゃる先生に共通することだとおもいます♪

 まずは、焦らずに生徒さんのことを時間をかけて知りながら、レッスン・授業を進めていくことが大切です♪

 ここからは音楽の教え方になってしまうのですが、最近、楽譜の中にはたくさんの解釈板が出ていらっしゃると思います。
 
 その楽譜の意味を考えることなく、楽譜に書かれている通りに弾いたとしても、感動する演奏は生まれず、何も心に感じられないと思います。
  
 その曲に対する解釈に生徒さんに目を向けさせ、時間をかけて考えさせるために先生の役割がとても大切になります。

 生徒一人ひとりレッスン形態が違うのは当然なので、何のために先生がいるのか?
一人の人間として生徒さんのために何ができるかを考えながら、日々のレッスン・授業をしていくことが大切だと思います。

生徒さんを教える教育者、指導者として一緒に頑張っていきましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください