ブラインドタッチが身につくと、ピアノがもっと楽しく弾けるようになる理由とは?

今回はブラインドタッチが身につくとたくさんのメリットがあるということをお伝えしたいと思います。先ずはその前に、憧れて習い始めたピアノが嫌になる理由を考えてみたいと思います。

◯ピアノを習い始めてからやってくるスランプ!

憧れの曲が弾けるようになったら素敵だな〜と思ってピアノを習い始める人は沢山いらっしゃいます。しかし、それらの曲はそんなに簡単ではなく、自分のイメージ通りに弾けるようになるまでにはかなりの時間がかかります。挙げ句の果てに、理想と現実の違いをじわじわと感じながら、忙しい事を理由に「挫折」してしまう人は、かなりいるのかと思われます。

1、イメージ通りになかなか弾けるようにならない!

憧れていた曲は、テンポの速い曲だったり、リズムの複雑な曲だったりする場合が多々あります。指番号が正しくない為に思うように動かず転んでしまったり、楽譜を集中して見れていない為に、よく出でくるリズムなのに気づかず違うリズムで弾いてしまうと悲しくなりますね。

2、練習から逃げたくなる!

練習しなければ弾けるようにならないのは重々知っているけど、やっぱり面倒!だって難しいんだもん!

3、練習する時間がない!

学校や仕事が忙しくなってきたからもう限界!

4、苦労したくない!

どんな事でもそうですね。みんな苦労はしたくないと思うのは当然です。どんな曲でも楽譜を見ながらスラスラとピアノが弾けたら、苦労はありませんよね。譜読みに時間がかかりなかなか弾けるようにならないと、自然にピアノに興味がなくなったり、嫌いになったりと最悪な結末が訪れてしまうかもしれません。《それだけは避けたいものです。》

上記1〜4の悩みはどんな事に繋がってくるかというと。。。

◯ズバリ『初見力の弱さ』に繋がります!

ピアノを楽しく弾き続けるための重要なポイントは、こちら!!!↓ ↓ ↓

⭕️1番大変な譜読みを、どれだけ時間をかけずに終わらせるかということ。

ブラインドタッチが習得できている人は習得できていない人に比べて、短時間で譜読みが出来、費やす時間に歴然と差が出てくるのです。

☆ブラインドタッチ=初見力と言っても過言ではありません。

◎ブラインドタッチが習得できるとピアノが楽しく弾けるようになる理由とは?

1、フレーズや指番号など様々な音楽用語の見落としがなくなる。

楽譜をじっくりと見ながら練習ができるため、リズムや音のミスなどが減ります。又、楽譜を忠実に捉え練習することが自分で出来るようになる為に、曲のイメージ通り仕上げることが可能となります。

2、初めての曲も楽譜を見てある程度弾ける!

楽譜をみながらどんどん弾けるので、練習が面倒だと思わなくなると共に、そんなに難しく感じなくなります。

3、忙しくてもno problem!

短時間で譜読みができるので、毎日忙しくて時間がない人でも問題ありません。それどころか、ピアノ以外の勉強や部活、塾など色々な事に対し何事においても効率良くこなせるようになります。

4、苦労しないで弾けるようになる!

楽譜を見ながらサラっと弾けるようになる為、苦労も確実に少ないと言えるでしょう。そうなると自然とピアノが楽しくて大好きになります。

いかがでしたでしょうか?ブラインドタッチが習得できると、曲が難しくなった時でもそんなに大変な思いをせずに譜読みをすることが出来ます。よって、『ピアノは楽しい!』『ピアノ大好き!』と永久的に思えるようになるのです。曲が簡単な初歩の段階で習得することをオススメします。高度なレベルの曲になってからブラインドタッチを習得するにはやはり限界がありますものね。

さて、次回の予告は?

【ブラインドタッチ習得】の他にあと2つ、初見力アップの為に大切なことがあります。それは何なのでしょうか?次回もお楽しみに!!