ピアノを弾くと頭が良くなるって本当?絶対音感教育を取り入れている春日部の個人ピアノ教室です。

春日部の個人ピアノ教室、習い事なら「サキ・ミュージックスクール」

八木崎教室 粕壁東教室

先生の役目の大切さ

   

 皆さん!こんにちは♪粕壁東教室責任者の佐藤です♪

 今日は、先生と役目についての大切さについて皆さんにお伝えできればと思っています。

 先生というのは、学校の先生、塾の先生、体操の先生、書道の先生等たくさんの先生がいらっしゃると思います。

私も生徒たちにピアノを教えるピアノの先生をしている、先生の一人です。

 生徒さんに何かを教える!レッスン・授業する中で、全員の生徒に合うレッスンというのはありません。

例えば、生徒が50人いれば50通りのレッスンがあります。

生徒に合わせた説明をしたり、含まれている意味を生徒さんたちに理解させることが先生の大切な役目だと思います。

 一人ひとりの生徒さんの特徴を理解してレッスンや勉強を教える!これは、どの教育現場で教えていらっしゃる先生に共通することだとおもいます♪

 まずは、焦らずに生徒さんのことを時間をかけて知りながら、レッスン・授業を進めていくことが大切です♪

 ここからは音楽の教え方になってしまうのですが、最近、楽譜の中にはたくさんの解釈板が出ていらっしゃると思います。
 
 その楽譜の意味を考えることなく、楽譜に書かれている通りに弾いたとしても、感動する演奏は生まれず、何も心に感じられないと思います。
  
 その曲に対する解釈に生徒さんに目を向けさせ、時間をかけて考えさせるために先生の役割がとても大切になります。

 生徒一人ひとりレッスン形態が違うのは当然なので、何のために先生がいるのか?
一人の人間として生徒さんのために何ができるかを考えながら、日々のレッスン・授業をしていくことが大切だと思います。

生徒さんを教える教育者、指導者として一緒に頑張っていきましょう!!!

 - ピアノが上手になる練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
音楽を通して成長するもの

 皆さん!こんにちは(・∀・)粕壁東教室責任者の佐藤です♪ 音楽というのは人に大 …

no image
ライブ形式の発表会がやりたいんだっ!!

先日の春日部市民文化センターでの発表会を終えて、コード奏法コースでもいずれ発表会 …

譜読みが早くなるためのたった5つの大切なポイント

「音を読むのに時間かかってしまう」 「譜読みが苦痛」 「もっと譜読みが早ければ練 …

ピアノの発表会に適した服装やドレス 選ぶ際に気を付けること!

近年では小さいお子さんから、大人の方まで幅広い年代の方々がピアノ教室に通われてい …

no image
頑張っているおとなの生徒さん

皆さん、こんにちは♪粕壁東教室責任者の佐藤です。 最近、私が担当している大人の生 …

ピアノを弾く時はなぜ爪を切らないといけないの?

ピアノの先生に「爪伸びてるじゃない!」「爪は短く切りましょうね。」と言われた経験 …

no image
バンドでキーボードを担当しています。

今日レッスンにいらっしゃったOさん、Oさんはバンドでキーボードを担当しており、更 …

ツェルニーとハノンのそれぞれの役割

代表的な練習曲集としてハノンとツェルニーがありますね。 この教材の両方を勉強して …

音がなかなか読めるようにならないのには原因がある!

音符がすらすら読めないのは実はちょっとした癖が原因(*‘ω‘ *) 何年も習って …

no image
コードのしくみ

初心者の方は、ポピュラーソングをコード譜を見て弾こと思っても、まず「コードを覚え …